メガネに取り付ける偏光レンズのクリップオンサングラス購入ガイド

トップレンズの基礎知識 > 可視光線透過率とは

可視光線透過率とは

可視光線透過率とは、光を通す割合のことで、0%〜100%の数値で表されます。

● 可視光線透過率が低い(0%に近い) → レンズが光をカットする。
● 可視光線透過率が高い(100%に近い) → レンズが光を通す。

具体的に、可視光線透過率10%のレンズとは、10%の光だけを通し、残り90%の光を遮るレンズということになります。
また、可視光線透過率100%のレンズとは、光を100%通すので、裸眼の視界と同じことになります。 つまり、透明なレンズのことです。

可視光線透過率が低くなると、光をカットするため、レンズの色が濃くなり、強い日差しを遮ります。その代わり、視界が暗くなります。
視界を明るくするためには、可視光線透過率を高くすれば、レンズの色が薄くなります。


ルアーフィッシング ルアー釣りの研究の「偏光レンズの素材の選び方」より引用

可視光(人間の眼にみえる光)の透過率のことで、レンズが光をカットする量の事です。可視光線透過率の数値が低くなるほど、レンズの色が濃くなり100%に近づくにしたがって薄くなります。
0.18%のレンズ(写真左下)と44%のレンズ(写真右下)を比較しますと、0.18%の方が暗い(色が濃い)、44%の方が明るい(色が薄い)レンズという事になります。

レンズの色が濃い
レンズの色が薄い

晴れた日の場合偏光度が高く可視光線透過率が低いレンズ(色の濃いレンズ)は当然に日差しには強くなりますが、偏光でギラツク光をカットしても、見える視界が暗くなるので、曇りのときなど朝、夕マズメどきは逆に見づらくなってしまいます。

この場合は可視光線透過率の高いレンズを使うと良いでしょう、偏光度と可視光線透過率は関係にあり、偏光度が高くなると可視光線透過率が低くなってしまいます。偏光度を高くするためには、どうしてもレンズの色が濃くなってしまいます。

「レンズの基礎知識」へ戻る

        


サイト内検索