メガネに取り付ける偏光レンズのクリップオンサングラス購入ガイド

トップレンズの基礎知識 > 調光レンズとは

調光レンズとは

調光レンズとは、紫外線により色が変化するレンズのことです。屋外(明るいところ)では、紫外線が強く色が濃くなり、室内(暗いところ)では、紫外線が弱く色が薄くなります。

色が濃くなるのは早いのですが、色が薄くなるのには時間がかかるため、ドライブ中のトンネル通過などのときは、色が濃いままとなるので、注意が必要となります。


眼鏡市場の「調光レンズ」より引用

紫外線量によって色が変わるレンズです。紫外線の強い屋外などでは色が濃くなり、紫外線の弱い室内などではクリアに近くなります。ひとつのメガネを普段用とサングラス用に兼用可能ですが、色が濃くなるときに比べると、薄くなるときは時間がかかるため、注意が必要です。また、明るさではなく、紫外線の量によって色の濃さが変化します。

調光レンズ

「レンズの基礎知識」へ戻る

        


サイト内検索