メガネに取り付ける偏光レンズのクリップオンサングラス購入ガイド

トップ > レンズの基礎知識

レンズの基礎知識

可視光線透過率

可視光線透過率とは、光を通す割合のことで、0%〜100%の数値で表されます。

● 可視光線透過率が低い(0%に近い) → レンズが光をカットする。
● 可視光線透過率が高い(100%に近い) → レンズが光を通す。

具体的に、可視光線透過率10%のレンズとは、10%の光だけを通し、残り90%の光を遮るレンズということになります。
また、可視光線透過率100%のレンズとは、光を100%通すので、裸眼の視界と同じことになります。 つまり、透明なレンズのことです。

詳細は、「可視光線透過率とは」

 

偏光度

偏光度とは、反射光を遮る割合のことで、99%などの数値で表されます。また、偏光とは、ガラスや水面などに反射した光のことです。

偏光度が高い(99%以上)ほど、反射光(乱反射)をカットし、まぶしさやギラツキがなくなります。
例えば、対向車のフロントガラスを見た場合、偏光度が高くなるほど、反射光やまぶしさがなくなり、車内がよく見えるようになります。

詳細は、「偏光度とは」

 

UV400カット

UV400カットとは、目や肌に有害な紫外線を100%カットし、白内障や角膜炎の原因となる400nm(ナノメータ)以下の紫外線もカットします。

サングラスをかけると視界が暗くなるため、瞳孔が開いて、通常より多く紫外線が目に入ってしまいます。そのため、UV400カットは、必須の機能になります。

詳細は、「UV400カットとは」

 

調光レンズ

調光レンズとは、紫外線により色が変化するレンズのことです。屋外(明るいところ)では、紫外線が強く色が濃くなり、室内(暗いところ)では、紫外線が弱く色が薄くなります。

色が濃くなるのは早いのですが、色が薄くなるのには時間がかかるため、ドライブ中のトンネル通過などのときは、色が濃いままとなるので、注意が必要となります。

詳細は、「調光レンズとは」

 

可視光線透過率と偏光度と色の関係

可視光線透過率、偏光度、レンズの色には、以下の関係があります。

● 可視光線透過率が低い → 偏光度が高い → レンズの色が濃い
● 可視光線透過率が高い → 偏光度が低い → レンズの色が薄い

可視光線透過率が低いほど、レンズが光をカットし、偏光度が高くなり、レンズの色が濃くなります。これは、晴れの日に最適となり、まぶしさやギラツキがなくなります。

くもりなどのときは、偏光度が高いとレンズの色が濃くなり、視界が暗くなるため、偏光度を犠牲にして、可視光線透過率が高く、色の薄いレンズが最適となります。

        


サイト内検索