メガネに取り付ける偏光レンズのクリップオンサングラス購入ガイド

トップ > 偏光レンズとは

偏光レンズとは

偏光レンズとは、道路や水面などのギラツキ、対向車や建物などからのまぶしい反射をカットして、目の負担を軽減し視界をクリアにするレンズです。特殊なフィルムが反射光や紫外線を除去することにより、自然光だけを通す効果があります。

偏光レンズは、以下のような状況で効果を発揮します。

  • ドライブ
     道路や対向車のギラツキ、フロントガラスへのダッシュボードの映り込みなどを抑える。
  • 釣り
     水面のギラツキがなくなり、水中の状態が見える。
  • ゴルフ
     芝の反射が軽減され、見やすくなる。
  • スキー
     雪面のギラツキを抑える。

偏光レンズの仕組み

株式会社オーケー光学の「偏光レンズとは」より引用

偏光レンズのしくみ

写真中央にある偏光膜というフィルムが自然光だけを通して、反射光や屈折光をカットするブラインドの役目をしています。偏光レンズは他にもたくさんの機能や効果を持っています。
一般のサングラスのように太陽光のまぶしさを軽減する効果、白内障などを引き起こし失明の危険性を高める有害な紫外線(UV)をカットする効果、外部からの衝撃、侵入から目を守る効果などがあります。

偏光レンズの見え方

ドライブや釣りなどのときに、偏光レンズのサングラスをかけると、レンズを通してどのように見えるのか。各メーカーのサイトを参照してください。

● 株式会社オーケー光学の「偏光レンズとは」より引用

水面やグリーン面、車のフロントガラスなどに太陽や電灯の光がギラギラ反射して「まぶしい」「見えにくい」と感じた事があると思います。
これは、反射光や屈折光が原因です。この2つの原因を取り除いて水中の魚・グリーン上・木漏れ日・車のフロントガラスなどを見えやすくするのが偏光レンズです。

偏光レンズ装着前

偏光レンズ装着前

偏光レンズ装着後

偏光レンズ装着後


● AXE(株式会社アックス)の「サングラスの機能説明」より引用

偏光レンズは、対象物の色調を損なうことなくコントラストを強め、高い偏光性で乱反射をシャットアウトします。とりわけ水面などで起こりやすい光りの反射光(ギラギラするまぶしい光)によって、肉眼では見えづらかった部分を偏光膜によりカットします。このため、雪面、水面、路面上の凹凸やギラギラの表面が見やすく、常に狙いをクリアにしてくれます。

肉眼で見た場合

肉眼で見た場合

偏光レンズで見た場合

偏光レンズで見た場合


● 偏光レンズの見え方 (ドライブ)
PolaSky(株式会社三興)の下記ページに、偏光レンズ使用例の写真が、各種掲載されています。

● 偏光レンズの見え方 (釣り)
Sight Master(サイトマスター)の下記ページで、シチュエーション(渓流、本流、湖、磯)とレンズカラーごとに、偏光レンズがどのように見えるかを試すことができます。

        


サイト内検索