メガネに取り付ける偏光レンズのクリップオンサングラス購入ガイド

トップ > 偏光レンズの素材

偏光レンズの素材

偏光レンズの素材には、ガラスとプラスチックの2種類がありますが、大半のサングラスがプラスチックレンズを使用しています。
また、プラスチックレンズにも種類がいくつかあり、CR-39、ポリカーボネイト、トリアセテート(アセテート)などがあります。

クリップオンサングラスに使用される素材は、その目的(メガネに装着)と形状(薄い)から、トリアセテートとポリカーボネイトが広く使われています。


ガラスレンズの特徴

ガラスレンズは、キズに強く、視界に透明感があり高温にも強いのですが、プラスチックレンズより重く、割れやすいという欠点があります。
ガラス偏光レンズは、2枚のレンズの間に偏光フィルムを接着して作ります。


プラスチックレンズの特徴

プラスチックレンズは、軽いことが最大のメリットで、割れにくく加工も楽なので、いろいろな種類やデザインが豊富にあります。
しかし、ガラスレンズよりキズがつきやすく、熱に弱いため、炎天下の車中での保管などには注意する必要があります。


CR-39偏光レンズとは

CR-39偏光レンズとは、ガラスレンズより軽量で、透明感のあるレンズです。メガネのプラスチック製レンズとして、よく使われています。また、歪みが非常に少ないため目に優しく、プラスチックレンズの中では最高のレンズになります。

CR-39偏光レンズは、2枚のレンズの間に偏光フィルムを接着して作ります。また、レンズに偏光フィルムを融着させて作る方法もあります。


ポリカーボネイト偏光レンズとは

ポリカーボネイト偏光レンズとは、衝撃に強く、薄く軽く作れるので、いろいろなデザインのスポーツサングラスやゴーグルなどに使用されています。素材の特性上、光学性能はCR-39よりは劣ります。


おみメガネWebの「Fisherman`s Eye (その2)」より引用

耐衝撃性が高く、リムレスサングラスなどに多用される熱可塑性樹脂です。屈折率もCR39に比べて高く、薄く軽く作れますが、光学性能は多少劣ります。
偏光フィルムとポリカーボネート樹脂のペレットを金型に入れ、高温高圧で熱溶着させるINJECTION方式で成型します。


ポリカーボネイト偏光シートレンズとは

ポリカーボネイト偏光シートレンズとは、ポリカーボネイト偏光レンズ(成型タイプ)と製造方法が異なり、板状に作られたレンズ(ベンディングタイプ)です。
衝撃に強く、薄く軽く作れるので、いろいろなデザインのスポーツサングラスやゴーグルなどに使用されています。素材の特性上、光学性能はCR-39よりは劣ります。


おみメガネWebの「Fisherman`s Eye (その2)」より引用

スポーツサングラスに使われる素材で、ポリカーボネイトと偏光フィルムを熱溶着させて板状の偏光シートを作り、これを再加熱しレンズ状に曲げるBENDING方式で作られます。INJECTION方式に比べて光学性能はさらに劣ります。


トリアセテート偏光シートレンズとは

トリアセテート偏光シートレンズとは、薄さと軽さが一番の特徴です。偏光レンズとしての光学性能はもっとも劣りますが、安くて加工しやすいため、各種のサングラスによく使われています。


おみメガネWebの「Fisherman`s Eye (その2)」より引用

安価に大量生産できる熱可塑性樹脂です。光学性能はもっとも劣りますが、クリップオンサングラスなどの前掛け式サングラスや低価格なサングラスに使われます。
ポリカーボネートシート偏光と同じくBENDING方式で作られます。

        


サイト内検索